サブページメイン画像

  • HOME
  • 点検・整備
  • メルセデスベンツ A180 W176 バックアップバッテリー交換 三重県 鈴鹿市

メルセデスベンツ A180 W176 バックアップバッテリー交換 三重県 鈴鹿市

 メルセデスベンツ A180 W176

バックアップバッテリー警告のため、ご入庫されました。

 エンジン始動するとバックアップバッテリー故障の警告が...

メーターに突然警告点灯してきますので、ユーザー様はちょっと戸惑うでしょうね。途中でエンストしないのか...気になる所ですが、バックアップバッテリーの主な役割はアイドリングストップ機能に必要となる電力です。バックアップバッテリーが故障するとアイドリングストップが効きません。

 バックアップバッテリー本体は助手席側のフロアカーペット下にあります。

足元に配備されていますので、少々違和感ありますが、気にせず交換進めていきます。

 バックアップバッテリー端子より白い粉が出てきてました。

白い粉が出てきているという事は、バッテリーの劣化に伴いバッテリー端子とバッテリー本体に隙間より、バッテリー液ガスなどが発生し、バッテリー液などが結晶化したものになります。
何故、バッテリーの本体と端子に隙間が生じるかというと、熱などによって端子の鉛部分とバッテリー本体の熱膨張率が違う為、劣化に伴い隙間が生じてくるようになります。
ですので、バッテリーではこういった現象をよく見ますから、バッテリー交換のサインといえます。

 新品のバッテリーに交換をします。

もちろん同じ容量のバッテリーを交換する必要がございます。容量が小さくてもバッテリーの寿命を早めてしまうだけですので、お勧めはしません。

 バックアップバッテリーの交換はセットアップの必要もありません。

ただし故障メモリーが残っている場合がありますので、テスターを使用し、故障メモリーを消去すれば完了です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
059-370-2062
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら