サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • BMW F04 アクティブハイブリッド7 ドライブトレーン 警告 三重県 鈴鹿市

BMW F04 アクティブハイブリッド7 ドライブトレーン 警告 三重県 鈴鹿市

 BMWActive Hybrid7

エンジン警告及びドライブトレーン警告の為、ご入庫されました

 コンピューター診断実施にて原因特定致します。

118002:混合気コントロール 混合気が濃すぎる
128501:ラムダセンサー(キャタライザー前)、エンジンブレーキ時の信号が制限値外
140201:ミスファイア、シリンダー2の噴射がオフになる
故障コードからすると、燃料系に問題があると推測できます。原因と特定する為に各シリンダーの不正回転を見ていきます。

 データーストリームにて不正回転値を確認します。

確認した所、シリンダー2番だけが他のシリンダーより値がズレている事が分かります。
ここまでくれば、あとは2番シリンダーのどの部分に異常があるのかを特定するだけです。

 まずはイグニッションコイルとスパークプラグを入替えてみます。

こちらのN63B44AのV8エンジンですが、何かと作業がしにくいエンジンとなります。
直4などとは違い、エンジンの上に配線カバーなどが通っているため、色々と邪魔になる事があります。


イグニッションコイルとスパークプラグを他のシリンダーと入替えしましたが、他のシリンダーへ故障が移りませんでした。
故障内容にもあるように混合気が濃すぎるとある為、インジェクターの不具合で間違いないと思います。

 インジェクター交換をしていきます。

インジェクターの交換はそう簡単に交換できません。エンジンの上に配線が通っている他、インジェクターに繋がっているパイプも邪魔になります。かなり手こずりましたが、無事に交換作業出来ました。
写真を見ても分かるように、かなりカーボンの蓄積が見られます。これだけ不完全燃焼を起こしていれば、かなりの蓄積が見られる事でしょう。恐らく燃焼室内もカーボンの蓄積は酷いと考えられますが、今回はインジェクター交換のみの作業となります。

 交換後はインジェクターの噴射量調整を実施していきます。

インジェクターは見た目は同じ部品に見えても、部品一つ一つ噴射量が異なります。それをマッチさせる為にテスターにて噴射量のセットアップをしていく必要があります。
インジェクターをポン付けすれば、再びエンジンが振れる可能性があります。

 あとはエンジン付属品を組み付けて完成です。

弊社ではBMW専用のテスターが完備しています。
エンジン不調などでお困りの際はお問い合わせ下さい。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
059-370-2062
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ