サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • BMW F82 135i シリンダーヘッドカバーオイル漏れ 三重県 鈴鹿市

BMW E82 135i Mスポーツパッケージ N54 シリンダーヘッドカバーオイル漏れ エンジン警告 三重県 鈴鹿市

 エンジン警告 及び エンジン振動の為ご入庫されました。

BMW故障診断にて2番シリンダーミスファイアとでておりましたので、イグニッションコイル交換で完了と思いましたが、実は他に原因がありました。

 エアコンフィルターケースを外しエンジンカバーを外した所で、ようやく事態に気づきました。

シリンダーヘッドを見たらエンジン上部がオイルでベタベタになってました。これはプラグホール回りにあるガスケットが劣化した事によりオイルが漏れ出してきたと考えられます。

 イグニッションコイル引き抜くとオイルまみれになってました。

オイルに浸かった事が原因でイグニッションコイルを駄目にしてしまってるかは不明ですが、二次災害が起こる事も十分に考えられますので、イグニッションコイルとオイル漏れ修理を実施する事になりました。

 外した6本のイグニッションコイルです。

見て分かるように2番、3番、4番がエンジンオイルでベタベタになっておりました。今回はミスファイアは2番シリンダーのみでしたので、イグニッションコイル1本のみ交換となります。

 プラグホールのガスケットを交換するにはシリンダーヘッドカバーを脱着しないといけません

2500ccなどのエンジンとは違って、こちらのN54B30Aエンジンはインジェクターがエンジンに覆い被さっておりますので、まずインジェクターを取り外す必要があります。脱着をする上で頭によぎった事は「もしやインジェクターが故障している可能性もある」と思いながら作業をしておりました。こちらのインジェクターもイグニッションコイルと同様によく壊れます。作業前にイグニッションコイルがオイルに浸かっているのを目の当たりにしたら、誰しもがイグニッションコイルが故障していると思うでしょう。私もそうでした。またインジェクターを取り外す際の注意点があります。実は各インジェクターに番号が振ってあり、インジェクターによって燃料噴射量が異なります。ですので新品に交換した際は燃料噴射量をテスターにて打ち替えないといけません。これを怠るとエンジン不調に繋がります。ですので、今回はインジェクターの番号を控えておき、間違わないように取り付けます。

 シリンダーヘッドカバーを外しました。

ガスケットが案の定、プラスチックみたいに堅くなっておりました。これではオイル漏れは防げません。写真は組み付け前の清掃後です。燃焼室内にゴミが混入しないように、きちんと蓋をし清掃致しました。

 シリンダーヘッドカバーを組み付け完成です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
059-370-2062
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ