画像
エンジン修理 Ⅰ

title

三重県鈴鹿市でエンジン関係の修理事例 Ⅰ

ASR警告ランブ点灯ベンツ W140 S600

 ASR警告ランブ点灯
ベンツ W140 S600

エマージェンシ―モードになる為、急に走行が悪くなる。故障診断の結果、右側スロットルアクチュエ―タ(M16/4)の不良が原因と判明。ハ―ネスを切開したら,左図のように配線が、ボロボロになっていた。
左側スロットルアクチュエ―タ(M16/3)も左図ようになっている可能性が大です。

冷却水漏れベンツ W124 E320ステーションワゴン

 冷却水漏れ
ベンツ W124 E320ステーションワゴン


樹脂の劣化による亀裂が原因で、新品部品と交換しました。 コアー部はアルミでできているため腐食のよる水漏れが多い。

エンジン警告ランプ点灯エンジンにぼそつきがあるBMW E65 735i 7シリーズ

 エンジン警告ランプ点灯
エンジンにぼそつきがある
BMW E65 735i 7シリーズ

左右タベットカバー上部に付いている,丸いカバーキャップの中の、ブローバイベントバブルのダイアクラムが破れる事により二次エアーを吸う事によりエンジンが不調になる事があります。またエアーが漏れる事によってエンジンルームから笛がなったような音がする事があります。

エンジン始動が悪いエンジンがストール(止まる)する事があるBMW E38 740i シリーズ

 エンジン始動が悪い
エンジンがストール(止まる)する事がある
BMW E38 740i シリーズ

サーモスタットセンサー不良
暖まると正常で、冷間時だけエンジンストールするのは、右バンクに付いている、カムシャフトセンサーが悪い事例もある。

アクセルを踏み込んでも、全く吹き上がらないBMW E46 318i 3シリーズ

 アクセルを踏み込んでも、全く吹き上がらない
BMW E46 318i 3シリーズ

エアマスセンサー不良(4気筒シングルカムが多い。※サーボモーターの作動不良も多い

エンジン異音(かなり大きい金属音)ベンツ R129 500SL

 エンジン異音
(かなり大きい金属音)
ベンツ R129 500SL

ベンツ R 129 500SL
タイミングケースあたりから異音を確認。エンジンオイルパンを外すと、タイミングチェーンスライドレールの破片が、多数見つかった。タイミングケースのフロントカバーも脱着すると、3箇所レールが破損し、また、その破片がセンター・プーリーのスプロケットの嚙み込んでいた。

エンジン始動不良01’ ベンツ W220 S500

 エンジン始動不良
01’ ベンツ W220 S500

エンジンが始動しなくなったり、走行中エンジンが止まるなど、突然起こったりする。テスターで故障診断したところ、故障コード P2034(クランク シャフト位置センサー)とでた。センサーを交換し、始動を確認。その後、エンジンチェックランプ点灯を、テスターでリセットした。

エンジンマウントのへたりベンツ W211 E320

 エンジンマウントのへたり
ベンツ W211 E320

エンジンマウント及び、ミッションマウント交換
エンジン始動時と、DレンジやRレンジに入れた時、ボディーに振動がでる。この事例は、走行距離11万Kmで、かなり前からの振動がでたいたらしい。エンジンマウントは、5~6万Kmが、目安で交換をお進めします。今回はエンジンマウント、ミッションマウントを交換いたしました。乗り心地と、ボディーの振動は、改善されました。

エンジンチェックランプ点灯ベンツ W220 S600

 エンジンチェックランプ点灯
ベンツ W220 S600

S600 W220
高速走行中エンジンチェックが点灯し吹き上がりが弱くなった
診断の結果、4.5.6シリンダーミスファイヤー。低速低回転時は、正常でも高速高回転時(から吹かし3000rpm)にミスファイヤーする。今回の事例は、右側イグニッションコイルが原因でした。ミスファイヤーは、イグニッションコイル以外の原因で起こる場合もあるので注意。
参照
(下記画像が、交換したイグニッションコイル)

イグニッションコイル

 イグニッションコイル

右バンクイグニッションコイル

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!