サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • BMW F10 523i コーナリングライト警告 三重県 鈴鹿市

BMW F10 523i コーナリングライト警告 三重県 鈴鹿市

 左ウィンカーが点灯しない症状でご入庫されました。

左ウィンカーが点灯が点灯しない他に、エンジン止めても左のイカリングが点灯しっぱなしの状態になっておりました。そのままの状態ではバッテリーが弱ってしまう可能性があります。
真っ先に思ったのが、ヘッドライトを制御しているユニットの異常が考えられると思いました。

 エンジンを始動するとすぐに警告文がメーター及びセンターモニターに映し出されます。

全て左ヘッドライトのみが異常となっておりましたので、左ヘッドライトの制御側に問題があると思いましたので、まずヘッドライトを取り外す為に、フロントバンパーを脱着するところから始めます。

 ヘッドライトを取り外し各ユニットを点検します。

ヘッドライト下部に取り付けられているヘッドライトのドライバーモジュールを取り出した所、接触部が腐食しておりました。
原因は水分ですね。
ドライバーモジュールを取り外した時にはヘッドライトに水気はありませんでしたが、ヘッドライトレンズをヘッドライト本体の間にシーリングを施した形跡がありました。
要はヘッドライトレンズの隙間から
水が混入した。もしくはヘッドライト内に湿気が入る事でヘッドライトの熱との温度差により結露が生じます。

ヘッドライトの結露がひどくなると、ヘッドライト内に水が溜まり、今回みたいにヘッドライトのドライバーモジュール内に水が浸入するといった原因になります。

 ドライバーモジュールはヘッドライトの一番下に取り付けられています。

ドライバーモジュールはゴムのパッキンで押さえてあるだけですので、水気は完全にはシャット出来ません。
もし雨の日やヘッドライトが曇ってきた場合は、早急に修理をお勧めします。
今回は事前にヘッドライトの結露止めの修理をされていましたので、シーリング作業は行っておりません。
最近ヘッドライトの曇り修理も増えてきましたので、お困りの際は一度お問い合わせ下さい。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
059-370-2062
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ