画像
エンジン修理 Ⅴ

title

三重県鈴鹿市で輸入車のエンジン修理事例 Ⅴ

ウォッシャー液が減る

 ウォッシャー液が減る

BMW E90 320i Mスポーツ
ウォッシャー液を作動させていないにも関わらずウォッシャー不足の警告ランプが点灯する。原因はウォッシャーポンプの継ぎ目からの漏れが確認されました。場合によってはウォッシャーポンプを止めているグロメットの劣化により漏れる事も考えられます。

エンジンより異音がする。クーラント漏れ

 エンジンより異音がする。クーラント漏れ

ポルシェ 986 ボクスター
エンジンアイドリング時に異音の為ご入庫。ウォーターポンプ軸のガタによる異音。またサーモハウジングよりクーラント漏れがありましたので二つ同時部品を交換いたしました。

エンジンオイル漏れ シリンダーヘッドカバーよりオイル漏れ

 エンジンオイル漏れ シリンダーヘッドカバーよりオイル漏れ

MINIクーパー R50
エンジンオイルの漏れでご入庫です。カムカバーより漏れが確認されました。シリンダーヘッドカバーガスケットの劣化によるものです。ガスケットの交換で改善です。

ドライブトレーン警告点灯

 ドライブトレーン警告点灯

BMW F11 528iツーリング
エンジン警告及びエンジン振動でご入庫です。故障診断より1番・2番シリンダーがミスファイアをしておりました。原因はイグニッションコイルの不良の為、スパークせず失火しておりましたので、イグニッションコイル2本交換で改善です。

シフトアップに振動がする

 シフトアップに振動がする

AUDI アウディA4 8EALT
ロードテストにてシフトアップする際にエンジンからの振動が確認できました。故障診断にてミスファイアが判明。通常イグニッションコイルが故障すると、アイドリング状態でエンジンが振動するものですが、今回はエンジンに負荷がかかると症状が現れていました。イグニッションコイルを交換後、症状が改善されました。

タイミングベルト交換

 タイミングベルト交換

VW フォルクスワーゲン ゴルフ4
10万キロ毎の交換が必要なタイミングベルトの交換です。流石にひび割れが確認されました。タイミングベルト以外にはウォーターポンプとベルトテンショナーも同時交換となります。

エンジンチェック警告点灯 アドブルーヒーター故障

 エンジンチェック警告点灯 アドブルーヒーター故障

ベンツ E350 ブルーテック
エンジン警告点灯の修理です。原因はアドブルーヒーターの不良でした。交換ですが、アドブルーのポンプ自体はアドブルータンクの上に取り付けられております。ちょうどトランクの下辺りに取り付けられていますので、リフトアップをし、ジャッキでタンクごと下す必要があります。サプライユニットを外してプレヒーターも外します。
交換後、アドブルーを補充して修理完了です。

タイミングベルト交換

 タイミングベルト交換

VW フォルクスワーゲン ニュービートル
タイミングベルトの交換を致しました。10万キロ毎の交換となります。
タイミングベルト・ウォーターポンプ・タイミングベルトテンションナーも同時交換致しました。後は10万キロに達していなくても年数に応じてベルトは劣化しますので、年式と走行距離に応じて交換をお勧め致します。

タイミングベルト交換

 タイミングベルト交換

VW フォルクスワーゲン
ゴルフⅤ GTI 1KAXX

ゴルフ5のタイミングベルトの交換です。タイミングベルトテンショナーを含むキット及びウォーターポンプの交換作業となります。

エンジンチェック点灯 エンジン警告点灯

 エンジンチェック点灯 エンジン警告点灯

VW フォルクスワーゲン ポロ 6RCBZ
エンジン警告点灯の修理でご入庫です。故障診断にてブースト圧リーン。故障原因はインテークマニホールドエアープレッシャーセンサー(MAPセンサー)の故障。吸気圧力を検知するセンサーとなります。特に症状が現れる事がありませんので、厄介な故障と言えます。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!